首の痛み改善プログラムを開始して30日経過した時の状態

ストレートネック&頚椎症性神経根症治療記録『治療開始30日経過後』です。

それでまぁ首の痛み改善プログラムの購入ページを見てもらうと分かるんですが、365日返金保証っていうやつがついてます。365日首の痛み改善プログラムを実践してみて効果がなかったら購入代金を全額返金してくれるというものなんですね。

ですが。1ヶ月位経過した時点で私の場合には既にこの制度を利用する気が全くありませんでした。だって明らかに首の痛みは良くなってるんですから。ちゃんとした座り姿勢にしていると腕と指の痺れはほとんど出なくなりましたし。

 
自宅でできる頚椎症・頚椎ヘルニア改善プログラムを購入した事件においては、もし使ってみても首の状態が良くならなかった場合には絶対に返金させようという気持ちで始めていました。しかし、今の私の状態くらいにまで回復してしまえばそんな気持ちも全くなくなるんですね。

今の私の状態くらいにまで回復

こういったインターネット通販でのみ販売されている自宅でできる頚椎症・頚椎ヘルニア改善プログラムのようなものの場合には、「本当に効果があるのかどうか不安だ」という気持ちになる人も多いと思うんですけれども、失敗してしまった時のための保証が付いているということで購入に踏み切るという人も多いでしょう。

ネット通販で普段からいろいろな買い物をしている私ですらそういった気持ちになってしまうくらいですから、ネット通販でこういった治療プログラムを書くことに不安を持ってしまうという人にとっては返金システムというのは良いものですね。

実際のところは私が購入して治療を開始してから3ヶ月経った時点においては、よっぽど首の状態が悪い私以外は腕のしびれや首の痛みなどがなくなっていました。首の状態が悪いというのは改善トレーニングをサボっていたとかスポーツのトレーニングで無理な動きをした次の日とかそういう感じです。

そもそも病院に行ったってさぁ・・・

病院に行ってもストレートネックや頚椎症性神経根症、頚椎ヘルニアなんかが全然良くならない

そもそも、病院に行ってもストレートネックや頚椎症性神経根症、頚椎ヘルニアなんかが全然良くならないというケースは多いです。それでも

患者「全然良くならない!金返せ!」医者「わかりましたごめんなさい返金します許してください」

なんていう病院はありません。

首の痛み改善プログラムの場合には、この「治らなかったら返金」というシステムがあるわけ。

これが凄いっていうことじゃなく、ちゃんと治療できないのに金だけは取る病院が変なだけかもしれませんけど。

あとはまぁ・・・「整骨院より医者の方が信用できる」っていう人もいるかもしれませんが。

でも大事なのはストレートネックや頚椎症性神経根症にちゃんと対処してくれるか、もっと言えばこの激痛と痺れをちゃんと改善してくれるか?ということだと思います。

肩書が大事だ!って考えている人は大人しく病院に通い続ければいいと思います。大抵は自然治癒を待つだけになるでしょうけど。

もしも治療を行ってくれる医師に出会ったならばそれでもOKですけどね。あとは治療費がどのくらいかかるかをこの首の痛み改善プログラムと比較すればよいのでは。

→ 第9回『実際に自宅で治療してみて』へ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ