頚椎症性神経根症で肩の痛みが発生している場合の改善法

頚椎症性神経根症で肩の痛みが発生している場合には、仕事や家事に非常に影響が出てくるので辛いんですよね。ただ、そのまま放置しておいて治るかといえば、そんな簡単には行きません。

ここでは私の実体験を踏まえて、頚椎症の改善や筋トレ・ストレッチについて紹介していきます(私の実際の改善過程についてはこちらから見ることができます)。

首の痛みもある場合には早急に治療改善を

腕の痺れや肩周りの痛みだけではなくて、かなり強い首の痛みが出ているとか病院に1度行ってみて頸椎症性神経根症だと言う診断をすでに受けているというのであれば、そのまま放置しておくというのはかなりリスクの高い行為になります。今の段階で治療をすぐにスタートさせなければこれらのしびれや痛みというのは確実に悪化していくので後々後悔することになるでしょう。

これがストレートネックなどを原因としたものではなくて、プールで泳ぎすぎて肩を痛めているとかゴルフの打ちっぱなしのやりすぎで肩を痛めているとかって言う場合には単純に肩の治療をした方が改善が速いでしょう。しかしゴルフのやりすぎや泳ぎ過ぎなどで首にも痛みが出ているというのであれば昔の私に近いような症状ですから首の痛みの改善プログラムを始めた方が良いかもしれませんね。

 
問題は頸椎症性神経根症であったとしても首の痛みや肩の痛み、腕のしびれなどが同時多発しているという場合には病院で手術するという治療もなかなか難しかったりします。首の骨が神経を触る手術になるのでリスクも高いですし、実際に手術をしてくれる病院もそれほど多くないはずです。

だからといってこうした首の痛みや肩の痛みなどを放置しておいても治ることがないというのが非常に難しい問題です。

私の場合には左肩だけに痛みがありました

特に頚椎症性神経根症で肩の痛みが発症している場合には、両側ではなくて片側の肩とか肩甲骨周りに痛みが出ることが多いとされています。

私の場合には左肩に強い痛みが出ていましたし、痺れが出ていたのも左腕だけでした。7番の神経根が圧迫されている場合には、以前「首が痛い時の自作カラー」のページで出したこんな感じの痛みが出てきます。

首と肩が痛い部分の図解

両方の肩が痛むとか、最初は右側だけだったのに左側も痛くなってきた、なんていう場合にはとりあえず病院で検査してもらう方がいいのかも。

症状が軽くなってくると最初に消えたのは肩の痛み

私の経験上、頚椎症性神経根症(7番)で最後に出てくる痛みが肩部分です。最初は首の痛み(寝違えたような)、次に腕とか指の痺れ。

最後に肩の痛みが出てくるようになったのですが、肩が痛くなるようなレベルだと多分寝たり起きたりっていう日常動作も辛くなっている段階だと思います。

ただし、治っていく段階とはそれとは逆で、

肩の痛みが取れる

腕や指の痺れが治まる

首の痛みが取れる

という感じで痛くなっていく過程とは逆に痛みが取れていくんですよね。首や肩の痛みがひどくて何とかしたい、という方は私の改善体験談を読んでみてください

私の場合には30日ほどで普段感じる痛みが相当楽になりました。サボらず真剣に改善に取り組める人であればもっと早いかも。

寝る時には痛くない側を下にして寝たくなりますが・・・

肩が痛い時には寝るときの姿勢が非常に問題になります。仰向けで寝ていてそれほど肩が痛くならないという場合には良いんですが、普段通りに仰向けだと痛すぎて全然眠れないっていう人も多いのではないかと。

そうなると痛くない側を下にして(右肩が痛いのなら左肩を下に)寝たくなりますが、これでも意外と肩にかかる負担が大きくて安静な姿勢とも言い難いです。

頚椎症性神経根症の影響で肩が痛いという場合には、肩の位置を何とかするんじゃなくて、神経根を圧迫している首というか頚椎を和らげてあげる姿勢を取るアプローチの方が上手く行きやすいと思います。というか私の場合にはそうした方が痛みが薄れたので・・・。

首が痛い時の自作カラー」のページを参考にしてご自身で工夫してみてください。寝ている最中には寝返りで姿勢が崩れてしまっていると思いますけど、目が覚める度に一番楽な姿勢に戻す、ということを地道に繰り返しつつ普段の生活の中で治療していくしかないと思いますね。

筋力低下とかではなくて、神経根の圧迫が問題

肩の痛みに対して筋力低下が原因だから筋トレをしよう!と考える人もいますが、既に病院などで頚椎症性神経根症だと診断されている、もしくは症状から見てほぼ間違いないという人の場合には、筋トレをしてもまず意味は無いでしょう。

というか、肩が痛すぎて筋トレどころか日常生活さえままならないわけですから。頚椎症性神経根症の場合には肩の筋力低下はほとんど関係ありません。首や背中など体幹部分だったら多少の影響はあるのですが。

神経根を頚椎が圧迫してしまっているのがそもそもの原因(姿勢の問題)ですから、肩周りの筋トレをして何とかするのではなく、普段の姿勢を直していかなければならない、というのが頚椎症性神経根症による首や肩の痛みの難しい点ですね。

むしろ別の部位の筋トレが必要

肩周りが痛いから肩周りの筋トレをするのではなくて、私が実施した治療プログラムでは別の部位の筋トレを行うんですよね。

⇒ 実際の私の改善経過について

もしかすると普段からスポーツを真剣にやっている人だったらやったことがあるトレーニングかもしれないですけど、頚椎症で悩んでいる人であればほとんどが全く鍛えたことのない部位を筋トレすることになるでしょう(だからこそ肩や首の痛みが出ているとも言えると感じました)。

無理なストレッチは悪化の原因に

肩や首などに痛みが出る頚椎症性神経根症の場合だけに限りませんけど、体に痛みが出ている状態で無理なストレッチをするのは避けた方がいいでしょう。実際の所、私が頚椎症性神経根症治療のために購入した改善プログラムでも、首や肩が痛くて動かせない場合にはストレッチはしてはいけないことになっています。

プロの整骨院でさえ痛みが出ている時にはストレッチ的なことをさせないのに、素人判断で適当にストレッチをしてしまうと・・・結果がどうなるかは火を見るより明らかですね。まぁ一回痛い思いをすればその後は無理にストレッチをしようなんて気にもならないと思いますが。

私と同じように改善プログラムを購入するかどうかはともかく、動かすだけでも肩や首が痛い場合にはストレッチをして回復させようなんてことはしないでください。

どんな部位でも同じことですが、痛みがある場合にはまず安静、ストレッチをしたいというのであれば安静にして状態が良くなってからのことですね。特に頚椎症性神経根症の時のように首周りが痛いというのであれば痛む部位以外であっても極力動かさないようにすることをおすすめします。仕事や家事などで完全に安静にしているというのは難しいかもしれませんが・・。

長続きさせるのが難しい

痛みが治まってきてストレッチができるようになったとしても、それを継続させていくというのが意外と難しかったりするんですよね。首や肩の痛みがある程度治まってきてからスタートさせているわけですから、ある程度予防的な側面もあったりします。

激痛からちょっと回復してきた・・・という状態だったらもっと痛みを減らすために頑張れるんですけど、痛みがほとんど取れてくるような段階になると毎日やっていたストレッチも1日おき、2日おきといった感じになってしまうと思います。

もちろんストレッチの間隔が空いてしまったとしても痛みや痺れが再発しなければ問題ないのですが、なかなかそう上手くは行かないもので何度も同じような状態に逆戻りしてしまうことがあるでしょう。そうならないためにもストレッチが可能になるくらいの軽い痛みになってからはなるべく長期間継続するようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ