ストレートネック+頚椎症性神経根症の改善中は首の痛みの状態に波がある

ストレートネック&頚椎症性神経根症治療記録『実際に自宅で治療してみての感想』です。

首の痛み改善プログラムについてこれは当たり前のことなんですけれども、毎日ちゃんと改善プログラムを実践したとしても着実に確実に首の痛みなどの症状が良くなっていくというわけではありません。

このサイトの中でずっと症状について書いてきたとおり私の場合には頸椎症性神経根症とストレートネックに悩まされていたわけなんですけれども、改善プログラムを実践していたとしても症状が悪い日もあったり軽い日もあったりと様々でした。これは首の痛みだけではなく膝の痛みとか腰痛とかとも同じようなものですね。

特に覚えておいてほしいこととしては、だんだん痛みがなくなってきたという頃にトレーニングをさぼりがちになってしまうということに注意です。治りかけの段階で何日かトレーニングをサボってしまうことによってやはり首の痛みが徐々に出てきてしまいます。

ストレートネックや頸椎症性神経根症については長い間悪い姿勢を保ってしまっている状態から発症しているわけですから、改善トレーニングについても何週間かストップしてしまうとあっという間に元に戻ります。面倒くさいという気持ちがどうしても出てきてしまいますからトレーニングを中断してしまうのも分からなくないのですが、これを繰り返しているといつまでたっても完治というものには程遠いでしょう。

首の痛みや手のしびれ肩の痛みなどの状態がある程度良くなったとしても、完全に治ったと確信できるまでは改善プログラムのトレーニングを中断してはいけません。完治するまでには状態の良い日と悪い日を何度も何度も繰り返しながら、長い目で見てみるとちょっとずつ改善されていくという感じの表現が1番近かったのではないでしょうか。

一週間で首の痛みは完治しますか?

自宅でできる頚椎症・頚椎ヘルニア改善プログラムを購入して実践すれば一週間で完治!なんていうことは絶対にありませんし、上に書いた通りちょっと首の痛みが良くなったからといって毎日の改善プログラムをサボればすぐにまた翌朝首が痛くなりますからね(体験済み)。

病院に行かずに自宅で自力で治療していくわけですから、結構地道に改善プログラムに取り組んでいく必要があります。

それでも病院に行ってみて「1年位放っておけば良くなるよ~」とかって言われてただ放置しておくよりは格段に状態が良くなるのは間違いありません。

アクティブに姿勢を治していくので取り組みやすい

首の痛み改善プログラムを実践する上では、今まで習慣になっていた悪い姿勢を完全に崩して良い姿勢を取れるようにしていくっていうのが大きなポイントです。

自分一人では考えつかない方法とか普段使っていない筋肉を使ったりとかするので、最初は窮屈だったり不自然だったりする人も多いでしょう。

それでも病院で診察を受けて「自然治癒しますから放っておきましょう」なんて言われて長い期間痛みや痺れに苦しむよりは、こうしてアクティブに自宅で改善していけるというのはメリットが大きいです。治っていく感じが日々感じ取れますからね。

特に痛みがなくなった後のことを考えると、自然治癒だと元々頚椎症性神経根症やストレートネックを生み出した原因をそのまま放置してしまっている(姿勢が悪いなら悪いまま)というのに対して、首の痛み改善プログラムでは根本的な原因を取り除くことができるのでその後の長い人生に大きな違いをもたらします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ